1. ホーム
  2. ニュース
  3. 社会
  4. 〈時代の正体〉「東京訴訟も勝利を」朝鮮学校無償化除外裁判で集会

〈時代の正体〉「東京訴訟も勝利を」朝鮮学校無償化除外裁判で集会

社会 | 神奈川新聞 | 2017年7月31日(月) 02:00

300人を超える参加者で埋まった朝鮮学校の支援集会=東京朝鮮中高級学校
300人を超える参加者で埋まった朝鮮学校の支援集会=東京朝鮮中高級学校

時代の正体取材班=石橋 学】朝鮮学校だけが高校無償化制度から排除されている問題を巡る訴訟で、正反対の結果となった広島、大阪両地裁の判決の意味を考える集会が30日、東京朝鮮中高級学校(東京都北区)で開かれた。東京訴訟の原告である同校の生徒たち(提訴当時)の支援者らが主催。朝鮮学校側が全面勝訴した大阪地裁の判決に「9月の判決に向けた追い風。東京訴訟でも勝ち、行政の恣意(しい)的な誤りを正す流れを確かなものにしよう」との声が上がった。

 19日の広島判決は一部新聞報道などを証拠に「無償化の資金が授業料に充てられない懸念がある」とした国の主張を追認し、原告の訴えを全面的に退けた。東京弁護団の一人、師岡康子弁護士は「朝鮮人は信用できないという根拠のない偏見をあおる内容。傷ついたと訴えている原告の生徒を含め証人を一人も採用しない結論ありきの判決」と批判した。

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら

朝鮮学校に関するその他のニュース

社会に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング