1. ホーム
  2. ニュース
  3. 社会
  4. 二つの祖国考える 日系2世テーマに上映会とトーク

二つの祖国考える 日系2世テーマに上映会とトーク

社会 | 神奈川新聞 | 2017年7月31日(月) 02:00

日系2世について話すヤマシタさん(右)とすずき監督=JICA横浜
日系2世について話すヤマシタさん(右)とすずき監督=JICA横浜

 太平洋戦争時、米軍人となった日系人に迫ったドキュメンタリー映画「二つの祖国で 日系陸軍情報部」の特別上映会とトークイベントが30日、横浜市中区のJICA横浜で開かれ、約140人が参加した。JICA横浜海外移住資料館の主催。

 米陸軍の秘密情報機関MIS(ミリタリー・インテリジェンス・サービス)に勤務した日系2世ら約80人の証言から、知られざる日系人の実相に迫ったドキュメンタリー。

 MISでは日本軍の暗号解読や捕虜尋問、通訳を担い、米国に勝利をもたらした。戦後は日本と連合国軍総司令部(GHQ)の懸け橋として日本の復興に貢献した。

 トークイベントで、すずきじゅんいち監督は「いま証言を映画に撮っておかないと、(日系2世が高齢になり)聞けなくなってしまう。歴史に残る記録としていい仕事ができたのではないか」と話した。

 同資料館での写真展「ハワイ日系人の歩み」の関連イベント。写真展を共催する「二世ベテランレガシー」(ハワイ)のヤマシタ・バーンズ会長が来日し、2世である父たちが米軍の志願兵として欧州戦線で戦ったことを紹介し、「2世が優秀な功績を残せたのは、日本人の両親による家庭内の厳しいしつけがあったから。その中に『恥』をかかせてはいけないという言葉があった」と語った。


 写真展は9月3日まで。明治初期に移住したハワイでの日系人社会がたどってきた道のりを写真や資料で紹介している。入場無料、月曜休館。問い合わせは、同館電話045(663)3257。

太平洋戦争に関するその他のニュース

社会に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング