1. ホーム
  2. ニュース
  3. 社会
  4. 減る津波避難ビル 県内、専門家は不足懸念

減る津波避難ビル 県内、専門家は不足懸念

社会 | 神奈川新聞 | 2019年3月31日(日) 15:25

津波避難ビルとは別に県が真鶴港に整備した避難施設。最大級の浸水想定に対して高さが足りず、タワーなどでかさ上げされた 東日本大震災以降、県内沿岸部に急増した「津波避難ビル」を巡り、藤沢市や真鶴町など一部の自治体が確保の方針を見直し、指定数が減少する見通しであることが、神奈川新聞社のま…

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら

津波に関するその他のニュース

社会に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング