1. ホーム
  2. ニュース
  3. 社会
  4. 空母交代(2)ミッドウェーと湾岸戦争、そして交代へ

ヨコスカと空母・第2部
空母交代(2)ミッドウェーと湾岸戦争、そして交代へ

社会 | 神奈川新聞 | 2019年3月29日(金) 13:39

1991年、湾岸戦争の作戦に参加する米海軍巡洋艦バンカーヒル(中央)と空母ミッドウェー(米国立公文書館)
1991年、湾岸戦争の作戦に参加する米海軍巡洋艦バンカーヒル(中央)と空母ミッドウェー(米国立公文書館)

 冷戦が終わったはずの国際情勢は、ペルシャ湾岸危機で塗り替えられることになる。1990年8月2日、イラクのサダム・フセイン政権が軍をクウェートに侵攻させた。

 多国籍軍の中核として、横須賀からも空母「ミッドウェー」や巡洋艦、駆逐艦が出港していく。11月に国連は対イラク武力行使容認を決議した。

 国連決議が定めた撤退期限を過ぎ、1991年1月、湾岸戦争の「砂漠の嵐」作戦の火ぶた…

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題。詳しくはこちら

基地アーカイブに関するその他のニュース

社会に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング