1. ホーム
  2. ニュース
  3. 社会
  4. 空母配備前史(10)「核持ち込み」疑惑、日米を揺るがす

ヨコスカと空母・第1部
空母配備前史(10)「核持ち込み」疑惑、日米を揺るがす

社会 | 神奈川新聞 | 2019年3月24日(日) 17:17

 空母ミッドウェーの横須賀入港から、少しさかのぼる。

 入港を直前に控えた1973年秋、米ワシントンに、米国務省と日本の外務省から高官が集まっていた。日本側が「横須賀では空母入港への反対デモが計画されている」と説明した。そして、配備反対論の根拠を3点挙げた。

 空母配備は基地強化の容認につながる。ミッドウェーは核を搭載している。厚木や三沢では航空機騒音の問題が生じてくる-。

 米側は「日本政府が対処できると信じている」と返す。

 だが日本側は「1点目と3点目は対処できる」。その上で、核問題については、本音を漏らした。「米軍艦船が核兵器を積んでいるとの指摘に対して、ただ『米国は安保条約に違反しないと確信している』と答え続けるだけでは難しくなっている」

 この懸念は、およそ1年後に的中した。

「事実なら寄港拒否」

 1974年9月の米連邦議会。退役海軍少将のジーン・ラロックが、日本…

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題。詳しくはこちら

空母に関するその他のニュース

社会に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング