1. ホーム
  2. ニュース
  3. 社会
  4. レッサーパンダの夫婦「カツオ&ミンミン」一緒に逝く、夢見ケ崎動物公園で献花台設置/川崎

レッサーパンダの夫婦「カツオ&ミンミン」一緒に逝く、夢見ケ崎動物公園で献花台設置/川崎

社会 | 神奈川新聞 | 2010年11月30日(火) 21:46

30日に亡くなったレッサーパンダのカツオ(左)とミンミン(夢見ケ崎動物公園提供)
30日に亡くなったレッサーパンダのカツオ(左)とミンミン(夢見ケ崎動物公園提供)

一緒に開けた天国への扉―。川崎市立夢見ケ崎動物公園(同市幸区)で人気を集めたレッサーパンダのつがい、雄のカツオ(8)と雌のミンミン(11)が11月30日早朝、相次いで死んでいるのが見つかった。仲むつまじい姿が親しまれてきただけに、柾一成園長は「一緒に逝ってしまうなんて、人間には見えないきずながあったのかもしれない」と悼んでいる。

動物公園によると、同日午前5時半ごろ、別々のおりで横たわって死んでいる2頭を飼育員が見つけた。詳しい死因は分かっていないが、約1年半前から歯周病を患っていたカツオは、吐き戻しなどからかかった肺炎が原因とみられるという。人間でいう70歳に当たるミンミンは10月に心臓の肥大が発見されており、加齢による心肺不全が考えられるという。

2頭の出会いは2009年1月。ミンミンの花婿として、福井県の西山動物園からカツオが来園した。当初は、カツオがミンミンに追い回されるなど不仲説も持ち上がったが、その後は2頭が寄り添う姿も見られた。柾園長は「姉さん女房と、やんちゃな男の子。お互いマイペースでかわいいカップルだった。天国でも仲良く暮らしてくれれば…」と話す。

動物公園は、1日からレッサーパンダ舎前に献花台を設置する。問い合わせは、動物公園電話044(588)4030。

【】

カツオに関するその他のニュース

社会に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング