1. ホーム
  2. ニュース
  3. 社会
  4. 酒気帯びで人身事故の座間市職員を懲戒免職処分/座間

酒気帯びで人身事故の座間市職員を懲戒免職処分/座間

社会 | 神奈川新聞 | 2010年11月24日(水) 18:58

座間市教育委員会は24日、酒気帯び運転で人身事故を起こしたとして、市教育部図書館主査の男性職員(54)を同日付けで懲戒免職処分にした、と発表した。

同市教委によると、男性職員は9月26日午前9時半ごろ、山梨県笛吹市の中央高速道路下り線を走行中、隣り車線を走っていた乗用車に追突。山梨県警高速隊の事情聴取を受けた際、呼気に基準以上の0・3ミリグラムのアルコールが検出された。さらに職業を「イラストレーター」と偽って、調べに応じていた。

金子槇之輔教育長は「市民の信頼を失墜させ、深く反省している。あらためて、職員に対して私生活を含めた教育指導を徹底したい」とコメントした。

【】

酒気帯びに関するその他のニュース

社会に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング