1. ホーム
  2. ニュース
  3. 社会
  4. 小田急線本厚木駅前にサイン塔、厚木市のセーフコミュニティ取得を記念

小田急線本厚木駅前にサイン塔、厚木市のセーフコミュニティ取得を記念

社会 | 神奈川新聞 | 2010年11月20日(土) 22:46

除幕されたセーフコミュニティ認証取得を記念するサイン塔=小田急線本厚木駅前
除幕されたセーフコミュニティ認証取得を記念するサイン塔=小田急線本厚木駅前

厚木市が世界保健機関(WHO)の国際認証「セーフコミュニティ(SC)」を取得した記念したサイン塔が20日、小田急線本厚木駅前にお目見えした。厚木市の国際認証取得を広く市民に知ってもらおうと、来年5月に創立50周年を迎える厚木ロータリークラブが実行委員会を結成し、市に寄贈した。

塔は周囲がステンレス製で高さ約3・9メートル、幅約95センチ。奥行き約30センチ。「セーフコミュニティ認証都市」などと記され、夜間も発光ダイオード(LED)照明によって点灯される。

この日開かれた除幕式では、同ロータリークラブの柳田純昭会長が「このサイン塔を見て、市民が安心・安全に関心を持っていただき、豊かなコミュニテーを実現していければ」とあいさつ。実行委員会の黄金井一太委員長は「今後も地域に密着した奉仕活動に取り組んでいきたい」と話した。

厚木市は国内では3番目、首都圏では初となるSC認証を19日、取得した。

【】

セーフコミュニティに関するその他のニュース

社会に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング