1. ホーム
  2. ニュース
  3. 社会
  4. 防火服姿で放水体験、保育園児が「一日消防士」に/秦野

防火服姿で放水体験、保育園児が「一日消防士」に/秦野

社会 | 神奈川新聞 | 2010年11月12日(金) 19:56

防火服を着て放水体験をする子どもたち=秦野市消防本部
防火服を着て放水体験をする子どもたち=秦野市消防本部

秦野市内の保育園児が12日、市消防本部で放水やはしご車乗車を体験した。秋の全国火災予防運動に合わせ、子どもたちを「一日消防士」に任命、防火意識の高揚を図る目的。

体験したのは同市室町、私立ひまわり保育園(高橋六郎園長)と同市並木町の私立みどり保育園(井伊則子園長)の5歳児41人。

「幼年消防クラブ」と書かれたそろいの法被姿になり、放水とはしご車(30メートル級)乗車に分かれ体験した。放水は2人一組で反動の少ない屋内消火栓用のホースを抱えた。ヘルメットに防火服姿で放水し、「虹が見えたよ」と喜ぶ子も。

はしご車は、15メートルまでの高さを体験。子どもたちは「怖くなかった」「遠くまで見えた」と話し、中には上空から友達に手を振る姿も見られた。

同消防本部は「一日消防士を体験して、消防署の仕事や防火について理解してもらえたのでは」と話していた。

【】

火事に関するその他のニュース

社会に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング