1. ホーム
  2. ニュース
  3. 社会
  4. はやぶさ偉業は「チームワークの成果」、講演で担当の川口教授/相模原

はやぶさ偉業は「チームワークの成果」、講演で担当の川口教授/相模原

社会 | 神奈川新聞 | 2010年11月11日(木) 23:02

はやぶさの奇跡の帰還を振り返る川口教授=相模原市緑区の杜のホールはしもと
はやぶさの奇跡の帰還を振り返る川口教授=相模原市緑区の杜のホールはしもと

小惑星探査機「はやぶさ」のプロジェクトマネージャーを務めた川口淳一郎宇宙航空研究開発機構教授の講演が11日、杜(もり)のホールはしもと(相模原市緑区橋本)で開かれた。川口教授は、世界で初めて月以外の天体に着陸し、帰還したはやぶさの偉業を振り返り「高い目的意識の共有に基づくチームワークと、モチベーションの維持の成果だ」と強調した。

小惑星「イトカワ」への航行を通して、自動制御技術の実証などを目的としたはやぶさ。7年にわたる旅の途中、イトカワの試料回収のための弾丸が発射されなかったほか、地球との通信が一時途絶えるという危機に直面していた。

川口教授は当時を「科学技術全体の信頼を落としかねない、どん底の状況だった」と明かすも、「リーダーが成功の可能性を失ってはおしまい」として、前向きな姿勢を崩さなかったことを説明。その一方、ピンチのたびに神頼みをしたエピソードも披露し、笑いを誘った。困難を乗り越えて帰還したカプセルとの対面は「驚くほどきれいで、思わず感涙した」。

科学技術の前進のためには、リスクが伴う投資が不可欠として「高い塔を建ててみなければ、新しい水平線は見えない」と、挑戦する大切さを訴えた。

講演は相模原法人会が主催。宇宙航空分野の関連企業も出展し、技術力をPRした。

【】

世界初に関するその他のニュース

社会に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング