1. ホーム
  2. ニュース
  3. 社会
  4. 松輪地区の人や風景を撮影、アマカメラマンが写真展/三浦

松輪地区の人や風景を撮影、アマカメラマンが写真展/三浦

社会 | 神奈川新聞 | 2010年10月18日(月) 21:36

三浦市・松輪地区をテーマに写真展を開いている渡辺さん=多目的施設「うらり」
三浦市・松輪地区をテーマに写真展を開いている渡辺さん=多目的施設「うらり」

三浦市・松輪地区の人物や風景をとらえた写真展が26日まで、同市三崎の多目的施設「うらり」で開かれている。

撮影したのは、横須賀市武のアマチュアカメラマン渡辺孝明さん(68)。「高若男女、元気で働く所」と題し、昨年9月から今年8月までの1年間、松輪地区に通って撮りためた作品の中から35点を選んで発表した。

すべてモノクロで、農業と漁業が盛んな同地区で働く人の姿や、畑と港の風景、子どもたちの笑顔などを紹介している。

三浦市職員だった時代に業務で訪れたことをきっかけに松輪地区へ興味を持ったという渡辺さんは「この土地に根を張り、働いている人の姿を感じていただければ」と来場を呼び掛けている。

入場無料。午前9時から午後5時(26日は午後3時)まで。

【】

社会に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング