1. ホーム
  2. ニュース
  3. 社会
  4. 採取したキノコ食べ、家族3人が食中毒/平塚

採取したキノコ食べ、家族3人が食中毒/平塚

社会 | 神奈川新聞 | 2010年10月16日(土) 23:13

県は15日、採取したキノコを食べた平塚市の家族3人が食中毒を起こしたと発表した。3人は嘔吐(おうと)や意識障害などの症状を訴え入院した。

県保健福祉局によると、3人は14日、富士山のふもとで数種類のキノコを採取。持ち帰って家庭で調理したところ、発症したという。食べたキノコの特徴を患者に確認したところ、テングタケの一種に類似していたことや、中毒症状が一致することなどから、県平塚保健福祉事務所は、キノコを原因とする食中毒と断定した。県保健福祉局は「確実に食用と確認できたキノコ以外は絶対に食べないでほしい」と話している。

【】

こちらもおすすめ

意識障害に関するその他のニュース

社会に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング