1. ホーム
  2. ニュース
  3. 社会
  4. 坂本弁護士遺体発見15年、2人の仲間失った影山弁護士「暴力横行しない社会に」/横浜

坂本弁護士遺体発見15年、2人の仲間失った影山弁護士「暴力横行しない社会に」/横浜

社会 | 神奈川新聞 | 2010年9月6日(月) 00:01

坂本弁護士の長男龍彦ちゃんの遺体発見現場で、冥福を祈る影山さん(右端)ら弁護士仲間=2009年9月、長野県大町
坂本弁護士の長男龍彦ちゃんの遺体発見現場で、冥福を祈る影山さん(右端)ら弁護士仲間=2009年9月、長野県大町

オウム真理教幹部らに一家を殺害された弁護士坂本堤さんの遺体発見から、6日で15年となる。今年6月、横浜弁護士会の前野義広弁護士が事務所で刺殺された。坂本さんの事件後も、弁護士への業務妨害は続く。「暴力は絶対に許されない」。近しい2人の仲間を失った弁護士は、その思いを強くする。

影山秀人さん(52)は、横浜弁護士会の「少年問題委員会」で、かつてともに坂本さんと仕事をした。一家の姿が消えた後、「坂本弁護士と家族を救う全国弁護士の会」事務局長を務めた。

独立後、開設した事務所に入ったのが前野さんだった。

坂本さんと前野さん。理不尽な暴力で命を奪われた2人の弁護士経験はともに3年ほどだった。坂本さんは労働、子ども、そしてオウム真理教など多岐にわたる案件に携わった。前野さんの依頼者から粘り強く話を聞く姿には、目を見張るものがあった。ともに、活躍はこれからという時だった。

影山さんは、前野さんに「電車を待つとき、一番前に並ぶな」と助言したことがある。紛争解決の渦中にいる弁護士は、危険と隣り合わせだと伝えたかった。坂本事件の教訓が念頭にあった。

だが、職場の事務所内で、前野さんは、応対中の男性に刺された。

「事務所の若手に何を教えていたんだ」「何も言う資格がないのではないか」。影山さんは6月の事件直後、自問を繰り返した。

今月中旬、坂本さん一家の遺体が発見された新潟、富山、長野県を訪れる。15回目の慰霊の旅となる。

影山さんは坂本さん一家の事件直後に聞いた仲間の弁護士の言葉を、あらためて思い出している。

「人は無意識に線を引きたがる。『弁護士だから、オウム真理教の問題をやっていたから』と」

「弁護士だから」という無意識の線引きのうち、いつしか暴力がはびこる社会になる。弁護士は危険な仕事を引き受けなくなり、人権救済がおろそかになる。影山さんは、そう危惧(きぐ)する。

弁護士だけが決然とした態度を取るのではなく、業務妨害の実態を市民につまびらかにすることで、社会全体で暴力を排除する雰囲気を醸成することが大事だと考える。

真正面に一つ一つの案件に向き合い、活躍はこれからだった2人の無念を背負い、影山さんはあらためて思う。

「暴力が横行し、萎縮する社会であっていいのか、考えるきっかけになってほしい。二度と事件は起きてほしくはない」

◆坂本堤弁護士一家殺害事件 1989年11月4日、横浜弁護士会所属の坂本堤弁護士=当時(33)=と妻都子さん=同(29)=、長男龍彦ちゃん=同(1)=の一家3人が、横浜市磯子区のアパートでオウム真理教幹部ら6人に殺害された事件。95年9月6日に堤さんが新潟県、都子さんが富山県の山中で、10日に龍彦ちゃんが長野県の湿地で遺体で発見された。

【】

オウム真理教(アレフ、アーレフ、Aleph)に関するその他のニュース

社会に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング