1. ホーム
  2. ニュース
  3. 社会
  4. ロープと格闘して10年、藤沢消防の相馬さんが念願の全国優勝

ロープと格闘して10年、藤沢消防の相馬さんが念願の全国優勝

社会 | 神奈川新聞 | 2010年9月5日(日) 10:48

ロープブリッジ渡過で第1位になった相馬さん(手前)=第39回全国消防救助技術大会
ロープブリッジ渡過で第1位になった相馬さん(手前)=第39回全国消防救助技術大会

藤沢市消防本部の消防士長相馬太志さん(29)が、8月下旬に開かれた第39回全国消防救助技術大会のロープブリッジ渡過で第1位になった。消防士になって約10年。通常業務の合間を縫って連日猛訓練を重ね、頂点に上り詰めた。

全国大会は8月27日、京都市で開催され、ロープブリッジ渡過には予選を勝ち抜いた50人がエントリーした。地上7メートルの高さに張った延長20メートルのロープの上を、手と足を使って移動する競技。往復に要した時間で順位を決める。

相馬さんは一昨年、昨年と県大会で2位に入ったが、優勝者しか全国大会に出場できない規定で涙をのんだ。今年はその悔しさをばねに県大会で優勝し、本拠地の藤沢市消防防災訓練センター(同市石川)で入念な調整を行ってきた。

「これまで重ねてきた訓練に悔いを残さないよう、力を出し切った」と相馬さん。鈴木正明・同市消防長は「全国802消防本部の頂点に立てたことを誇りに思う。この経験を災害現場で生かし、市民の期待に応えてほしい」とたたえた。

【】

防災に関するその他のニュース

社会に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング