1. ホーム
  2. ニュース
  3. 社会
  4. 大川木工所を街かど博物館に認定、小田原漆器の魅力発信/小田原

大川木工所を街かど博物館に認定、小田原漆器の魅力発信/小田原

社会 | 神奈川新聞 | 2010年9月1日(水) 23:03

20番目の街かど博物館に認定され、小田原漆器の魅力を発信していく大川さん=大川木工所工房
20番目の街かど博物館に認定され、小田原漆器の魅力を発信していく大川さん=大川木工所工房

小田原市などでつくる街かど博物館研究会議は1日、同市南板橋2丁目の大川木工所を20番目の街かど博物館に認定した。木地挽(ひ)きの工程を紹介し、伝統工芸・小田原漆器の魅力を発信していく。

1926年に創業し、伝統工芸士の大川肇代表(54)は3代目。大川さんが挽いたわんや盆は、5月の第61回全国植樹祭で来県した天皇・皇后両陛下の食事に使われた。

この日、認定式が開かれ、博物館の目印となる木製の看板が贈られた。作業所内で職人がろくろとかんなで木地を挽く姿を見学できる。併設する工房では、小田原漆器を展示・販売している。大川さんは「大量生産の廉価品にない伝統工芸の美しさを伝えていきたい」と話す。

同研究会議は97年から、産業文化のPRと観光客の回遊性向上のため、市内の梅干し、かまぼこ、干物、寄木細工などの老舗店を街かど博物館に認定している。

見学は午前8時~午後5時。問い合わせは、同木工所電話0465(22)4630。

【】

寄木に関するその他のニュース

社会に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング