1. ホーム
  2. ニュース
  3. 社会
  4. 「イクメン教室」花盛り、育児パパのコツや心構え講義/横浜や川崎

「イクメン教室」花盛り、育児パパのコツや心構え講義/横浜や川崎

社会 | 神奈川新聞 | 2010年7月17日(土) 23:14

「横浜イクメンスクール」などパパ向け事業のオープニングイベントで、絵本の読み聞かせを披露する父親=横浜市西区
「横浜イクメンスクール」などパパ向け事業のオープニングイベントで、絵本の読み聞かせを披露する父親=横浜市西区

育児を積極的に楽しむ男性「イクメン」が注目を集める中、県内でも「パパ教室」が続々と開講している。男性の育児参加を促す改正育児・介護休業法施行など、社会の変化を追い風に、男性に育児のコツや心構えを伝授したり、育児仲間をつくってもらったりして、イクメンの増加につなげたい考えだ。

横浜市は「横浜イクメンスクール」を7月23日から隔週金曜夜の5回コースで、同市中区の横浜メディア・ビジネスセンター6階で開く。

講師は、父親支援事業を展開するNPO法人ファザーリング・ジャパンのメンバーら。乳幼児の父親やこれから父親になる人を対象に、「パパの役割」「子どもの救急措置」「ママとのパートナーシップ」などについて講義する。市内の子育て支援施設やサービスの情報も提供する予定で、市では「受講者が地域に戻り、パパ友ネットワークを広げてくれるのが最終目標」と”イクメン”の輪づくりもにらむ。

11日には、横浜市西区のみなとみらい21地区でオープニングイベントも行い、パパの育児トークや、子どもが喜ぶ遊び方講座などを紹介。

同日から受講者を募集したところ、数日間で定員20人がほぼ埋まる人気ぶり。4歳と1歳の男児を育てる同市港北区の主婦(37)は「夫は子どもが泣くとお手上げ。かかわり方を学んでほしい」と、ママからの期待も大きい様子だ。

これまで主に母親向けの育児支援を行ってきた団体や施設でも、父親向けの事業が増えてきた。川崎市多摩区を拠点に育児支援活動を展開するNPO法人「ままとんきっず」も5月から、同法人メンバーが講師を務める父親向け講座「パパ育自力」を毎月第1土曜日に開催。第3土曜日には、パパが子連れで立ち寄れるサロンも始めた。

民間事業者もこの流れに注目。カルチャースクール「東急セミナーBE」も、10月に開業予定のたまプラーザ校(横浜市青葉区)で、土曜日の午前中に、ファザーリング・ジャパンの講師陣による本格的な父親学校「ファザーリングスクール」を開講する。

開業準備室では「理論で育児を学びたいとか、父親仲間と異業種交流したいなど、男性ならではの関心と結び付けて、育児参加のきっかけにしてもらえれば」と話している。

「パパ育自力」の申し込みは、ままとんきっず電話044(945)8662。

【】

イクメンに関するその他のニュース

社会に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング