1. ホーム
  2. ニュース
  3. 社会
  4. 獅子やみこしで漁師町に盛夏の到来告げる海南神社の例大祭/三浦

獅子やみこしで漁師町に盛夏の到来告げる海南神社の例大祭/三浦

社会 | 神奈川新聞 | 2010年7月17日(土) 21:05

海南神社を出発する2頭の行道獅子=海南神社
海南神社を出発する2頭の行道獅子=海南神社

三浦市三崎地区に盛夏の訪れを告げる海南神社の夏の例大祭が17日、始まった。18日まで2日間にわたり、獅子やみこしが漁師町の風情漂う地区内を威勢よく練り歩く。

例大祭は、市の重要無形民俗文化財に指定されている「行道(お練り)獅子」で知られる伝統行事。三崎地区の一大イベントで、地域住民をはじめ、毎年多くの行楽客でにぎわう。

三崎独特の木やりに合わせて、2頭の獅子が厄よけをしながら、商店街や住宅街を巡回。獅子の後には山車やみこしが続き、太鼓の音や威勢よい掛け声で盛り上げていた。

【】

文化財に関するその他のニュース

社会に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング