1. ホーム
  2. ニュース
  3. 社会
  4. 地場産もっとおいしく、シェフが浅間台小の児童に料理教室/横浜

地場産もっとおいしく、シェフが浅間台小の児童に料理教室/横浜

社会 | 神奈川新聞 | 2010年6月19日(土) 00:00

ミートソースの作り方のアドバイスを受ける子どもたち=市立浅間台小学校
ミートソースの作り方のアドバイスを受ける子どもたち=市立浅間台小学校

地場の野菜や肉に親しんでもらおうと、横浜市内のホテルやレストランのシェフが属する「横浜ガストロノミ協議会」などが18日、横浜市立浅間台小学校(同市西区)で料理教室を開いた。横浜市場活性化協議会などが主催。市内産の豚肉「はまぽーく」やトマトを使い、6年生約40人に「ミートソースペンネ」の作り方を直接指導した。

区内のレストラン「ブラッスリー・ティーズ・ミュゼ」オーナーシェフの福山哲郎さんが、子どもたちに野菜や肉の説明を交えながら作り方を披露。「地元の野菜や肉を食べると農家が喜び、もっとおいしく作ってくれる」と話した。子どもたちも料理に挑戦。西岡茉優さん(11)は「地産地消で(食料)自給率が上がると分かった。地元の野菜もどんどん食べたい」と話していた。

【】

社会に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング