1. ホーム
  2. ニュース
  3. 社会
  4. 求愛、美しい飾り羽を広げるクジャクのプロポーズが人気/横浜

求愛、美しい飾り羽を広げるクジャクのプロポーズが人気/横浜

社会 | 神奈川新聞 | 2010年6月3日(木) 10:56

飾り羽を広げ、メスにプロポーズするオスのインドクジャク=横浜市西区の市立野毛山動物園
飾り羽を広げ、メスにプロポーズするオスのインドクジャク=横浜市西区の市立野毛山動物園

横浜市立野毛山動物園(同市西区老松町)で、繁殖期を迎えたインドクジャクの飾り羽を広げる求愛行動が人気を集めている。

同園によると、園内にはインドクジャクのオス3羽、メス6羽を放し飼いにしており、春から6月いっぱいまでが繁殖期にあたる。

飾り羽を広げてアピールするのはオスで、3羽のうち2羽が青あい色、1羽は白色。繁殖期が過ぎると飾り羽(上尾筒)が抜け落ちてしまうため、メスへの求愛行動である「ディスプレイ」はこの時期しか見ることができないという。

園内の歩道などで、メスを前にしたオスのクジャクが青や緑など鮮やかな飾り羽をいっぱいに開くと、来園者からは歓声が上がり、写真を撮ろうとする親子連れの姿が多く見られた。

同園では「ディスプレイ」は朝と夕方に見られる可能性が高い。季節限定の華麗なオスのプロポーズをぜひ見てもらいたい」と話している。

同園へはJR桜木町駅下車徒歩約15分。問い合わせは同園電話045(231)1307。

【】

桜に関するその他のニュース

社会に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング