1. ホーム
  2. ニュース
  3. 社会
  4. 京急「1000形」の引退イベントに県内外からファン/横須賀

京急「1000形」の引退イベントに県内外からファン/横須賀

社会 | 神奈川新聞 | 2010年5月30日(日) 21:50

オリジナルヘッドマークが取り付けられた「1000形」=横須賀市舟倉の京急ファインテック久里浜事業所
オリジナルヘッドマークが取り付けられた「1000形」=横須賀市舟倉の京急ファインテック久里浜事業所

赤い車体に白い帯の入った姿で長年親しまれてきた、京浜急行電鉄の通勤型車両「1000形」の引退イベントが30日、横須賀市舟倉の車両工場「京急ファインテック久里浜事業所」で行われた。本年度内での引退が決まっている”京急の顔”を一目見ようと、多くの鉄道ファンが県内外から駆け付けた。

毎年恒例の工場開放と同時開催。1000形は1959年に登場し、78年まで京急で最多となる356両が製造されたかつての主力車両。老朽化のため、2007年から省エネ型の「新1000形」との入れ替えが進められており、現在は大師線(京急川崎―小島新田)での運行が主流になっている。

多くの鉄道ファンの熱気に包まれたセレモニーでは「ありがとう1000形」とデザインされたオリジナルヘッドマークを現役最後の1000形1編成に取り付けたほか、運転に長年携わった元運転士らによるトークショーも行われた。

熱心にシャッターを切っていた、埼玉県加須市の会社員(35)は「小さいころに買った鉄道の本の最初に載っていた車両。もうすぐ見られなくなるのは寂しいです」と感慨深げに話していた。

【】

社会に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング