1. ホーム
  2. ニュース
  3. 社会
  4. 旧津久井郡4町の自然や歴史収録、元市民カメラマンが写真集出版/相模原

旧津久井郡4町の自然や歴史収録、元市民カメラマンが写真集出版/相模原

社会 | 神奈川新聞 | 2010年5月27日(木) 20:16

相模原市内の旧津久井郡4町の自然やイベント、人々の触れ合いなどを集めた写真集「相模原市緑区の歩歩路(ぽぽろ)」を元市民カメラマンの天野暁子さん(67)=同区青根=が自費出版した。

旧藤野町に伝わってきた村歌舞伎の1コマや、旧相模湖町の甲州街道で再現された大名行列、旧城山町で満開を迎えた芝桜など、2008、09年に撮影した95枚を収録。太平洋戦争中に、避難を呼び掛ける警鐘として使われた旧津久井町に残る監視哨(しょう)など、観光地以外の名所も取り上げた。

タイトルに使った造語「歩歩路」には、撮影する中で「自分が一生懸命歩いてきた道を知ってほしい」との思いを込めたという。写真に合わせた俳句も掲載している。

天野さんは06、07年度に市内の行事や風景などを記録撮影する市民カメラマンを務め、08年に旧津久井町を題材にした写真集「我がふるさと津久井」を自費出版した。前回の写真集は「懐かしく感じた」などの多数の手紙が寄せられ、その後増刷されるなど、好評だったという。

天野さんは「政令指定都市になった相模原市内の旧4町の魅力を、多くの人に知ってもらいたい」と話している。

A5判56ページ。1冊千円(税込み)。市内13の書店などで購入できる。問い合わせは、天野さん電話042(787)2746。

【】

桜に関するその他のニュース

社会に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング