1. ホーム
  2. ニュース
  3. 社会
  4. 地域FMで絵本読み聞かせ番組、発案女性の熱意実る/平塚

地域FMで絵本読み聞かせ番組、発案女性の熱意実る/平塚

社会 | 神奈川新聞 | 2010年5月4日(火) 23:31

FM湘南ナパサの関係者と6月に始まる番組の打ち合わせをする福地さん(左)
FM湘南ナパサの関係者と6月に始まる番組の打ち合わせをする福地さん(左)

地域に根差したコミュニティーFMの電波に乗せ、絵本の魅力を多くの人に伝えたい―。一人の女性のこんな思いが込められた絵本の読み聞かせ番組が、平塚市などを放送エリアとするFM局「FM湘南ナパサ」(78・3メガヘルツ、同市宝町)で実現しそうだ。

番組は、6月からの放送開始を目指して準備が進められている15分の読み聞かせコーナー。きっかけは、司書の資格を持ち、川崎市内の幼稚園などで園児に絵本の読み聞かせ活動をしている福地薫さん(62)=町田市在住=のアイデアと行動力だった。

「今年は国民読書年。本を身近に感じる入り口として、絵本の楽しさ、素晴らしさをラジオを通して届けたい」

自身で発案した企画を持ち込み、狙いや意義を説く福地さん。熱心な提案にプロデューサーの松下雄太郎さんも「楽しい企画」と賛同。毎週水曜日に午前10時半からの番組枠を設け、福地さん自身がパーソナリティーを務めることが決まった。

読み聞かせの収録は平塚市内のスタジオで行い、福地さんお薦めの2冊を紹介。月に1回は福地さんが同市内の幼稚園や保育園を訪ねて絵本の魅力を伝える「読み聞かせライブ」も行い、その様子を放送することなど、番組内容の骨格が固まりつつある。

ただ、番組を立ち上げるに当たっては課題もある。息の長い番組としてリスナーに提供するには「趣旨に賛同してくれるスポンサーが不可欠」(松下さん)だからだ。同局と福地さんは現在、スポンサー探しの真っ最中。福地さんは「ラジオでの絵本の読み聞かせ番組は全国でも初めてではないか。絵本の世界は奥深く、これからお母さん、お父さんになる大人のリスナーにも聞いてもらいたい」と話している。

問い合わせはFM湘南ナパサ電話0463(23)7111。

【】

絵本に関するその他のニュース

社会に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング