1. ホーム
  2. ニュース
  3. 社会
  4. アカガシやタブノキなど5千本、湘南国際村で苗木植樹/横須賀

アカガシやタブノキなど5千本、湘南国際村で苗木植樹/横須賀

社会 | 神奈川新聞 | 2010年5月2日(日) 20:34

苗木を植え付ける参加者=横須賀市湘南国際村
苗木を植え付ける参加者=横須賀市湘南国際村

第61回全国植樹祭(23日に秦野市、南足柄市で開催)のサテライト会場の一つ「湘南国際村めぐりの森」(横須賀市)で2日、横須賀市民、葉山町民ら約1300人が広葉樹などの苗木の植樹に汗を流した。

同植樹祭の関連イベントで、県や同市、同町などでつくる実行委員会の主催。

晴天に恵まれたこの日、多くの家族連れらのほか松沢成文知事やタレントの小林麻央さんも植樹活動に参加。敷地内の斜面約1700平方メートルに、アカガシ、タブノキ、モチノキなど22種類5千本の苗木を植え付けた。

参加者は、生態学者の宮脇昭さんや地元の環境団体のメンバーから「苗木は深く植えすぎないように」「苗木と苗木は少し距離を置いて植えて」などとアドバイスを受けながら、シャベルで穴を掘り、苗木を入れて土をかぶせる一連の植え付け作業に、夢中になって取り組んでいた。

【】

湘南国際村に関するその他のニュース

社会に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング