1. ホーム
  2. ニュース
  3. 社会
  4. こどもの森に広葉樹苗木を植え付け、親子連れら150人参加/小田原

こどもの森に広葉樹苗木を植え付け、親子連れら150人参加/小田原

社会 | 神奈川新聞 | 2010年4月29日(木) 22:42

広葉樹の苗木を植え付ける子どもたち=小田原こどもの森公園わんぱくらんど
広葉樹の苗木を植え付ける子どもたち=小田原こどもの森公園わんぱくらんど

小田原こどもの森公園わんぱくらんど(小田原市久野)で29日、来園者ら約150人が広葉樹の苗木の植え付けに汗を流した。

わんぱくらんどは、第61回全国植樹祭(5月23日に秦野市、南足柄市で開催)のサテライト会場の一つで、広葉樹の植栽は同植樹祭の関連イベント。

この日は、家族連れらと一緒に松沢成文知事と加藤憲一市長も植栽活動に参加した。松沢知事は「50年後の子どもたちのために水源の森をはぐくんでいきたい」、加藤市長は突然の雨に「生命を豊かにするには雨も欠かせません」などとあいさつした。

クヌギやコナラ、イロハモミジなど12種類千本の苗木が植栽されたのは、わんぱくらんど内にあるどんぐりの森の斜面で、面積は約1500平方メートル。

市環境緑化協会メンバーから植栽の手ほどきを受けた後、子どもたちはそれぞれスコップで斜面に穴を掘って苗木を入れ、土を盛っては一生懸命に踏み固めていた。

【】

社会に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング