1. ホーム
  2. ニュース
  3. 社会
  4. 大自然の豊かな表情切り取る、市民サークルが写真展/相模原

大自然の豊かな表情切り取る、市民サークルが写真展/相模原

社会 | 神奈川新聞 | 2010年4月26日(月) 22:54

大自然の豊かな表情を切り取った作品が並ぶ写真展=相模原市緑区大島の相模川清流の里
大自然の豊かな表情を切り取った作品が並ぶ写真展=相模原市緑区大島の相模川清流の里

春の訪れを告げるカタクリ、里山の燃えるような紅葉…。大自然が四季折々に見せる豊かな表情を切り取った写真展が、相模原市緑区大島の同市の宿泊施設「相模川清流の里」で開かれている。入場無料。30日まで。

旧城山町地区の龍籠(たつご)山で撮影していた市民カメラマンらによるサークル「写団たつご」(上原朝男会長)が主催し、13回目。会員ら12人が市内などで撮影した36枚が、半切カラーで飾られている。

樹齢800年とされる同市緑区小淵のしだれもみじに雪が降り積もる姿や、里山で産声を上げた新芽をとらえた姿などをとらえた作品などが並んでいる。

上原会長は「市内を中心に、身近な自然を写した作品が並んでいる。市内の風景の新たな一面に気付いてもらえたら」と来場を呼び掛けている。

午前9時から午後5時。期間中無休。問い合わせは、上原会長電話042(784)5115。

【】

相模川に関するその他のニュース

社会に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング