1. ホーム
  2. ニュース
  3. 社会
  4. 湘南国際マラソンが、APEC首脳会議開催の11月を避けて開催へ

湘南国際マラソンが、APEC首脳会議開催の11月を避けて開催へ

社会 | 神奈川新聞 | 2010年4月19日(月) 22:25

5回目を迎える湘南国際マラソンの概要が19日発表され、開催日が前々、前大会の11月から2011年1月23日に変更された。

11月に横浜で開催されるアジア太平洋経済協力会議(APEC)首脳会議で、県警が万全の態勢を敷く必要があるためといい、同マラソン実行委員長の河野太郎氏は「県警などと相談し、1月の開催となった。6回目は11月に戻したい」などと語った。

フルマラソン、10キロに加えて、今回新たにハーフマラソンを実施。制限時間を90分に設定し、箱根駅伝を目指す学生ランナーなどの出場を見込んでいる。

フルマラソンのコースは西湘バイパス大磯西インターチェンジ(IC)から出発し、国道134号を藤沢方面に走り、江の島手前で折り返し。復路は西湘バイパス二宮ICで再び折り返し、大磯プリンスホテルでゴールする。

フルマラソンの定員は前大会から6千人増の1万8千人(参加料1万円)。ハーフは500人(同7千円)、10キロ(障害者の部などを含む)は5千人(同5千円)。参加申し込みは5月1日から、大会ホームページで(先着順)。

問い合わせは、湘南国際マラソン事務局電話0463(70)6667。

【】

湘南国際マラソンに関するその他のニュース

社会に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング