1. ホーム
  2. ニュース
  3. 社会
  4. 朝鮮戦争テーマに報道写真展/17日から横浜

朝鮮戦争テーマに報道写真展/17日から横浜

社会 | 神奈川新聞 | 2010年4月13日(火) 10:51

韓国・浦項で隠れていた朝鮮人民軍兵士(中央)を捕虜にした韓国軍兵士=1950年9月(ACME)
韓国・浦項で隠れていた朝鮮人民軍兵士(中央)を捕虜にした韓国軍兵士=1950年9月(ACME)

現在も休戦状態が続く朝鮮戦争。1950年6月の勃発(ぼっぱつ)から60年の節目に、米デーリー・ニューズ社の写真コレクションでその歴史を振り返る展覧会「朝鮮戦争から60年 戦場の記録」が17日から、横浜市中区の日本新聞博物館で開かれる。同博物館と共同通信社の主催。

共同通信社がデーリー社から入手した戦争報道写真コレクションのうち、朝鮮戦争に関する約200点を展示。仁川上陸作戦を見守るマッカーサー国連軍最高司令官、中国人民義勇軍の参戦、板門店での休戦協定の調印の様子など、歴史を物語る写真が並ぶ。当時日本で発行された号外や新聞紙面なども併せて紹介する。

大荷物を抱えて避難する女性と子どもたちなど、過酷な戦時下に生きる市民の姿も収められており、同博物館では「半島の分断、家族の離散など、今も続いている朝鮮戦争の悲惨さを知ってもらいたい」と来場を呼び掛けている。

6月27日まで。月曜休館(5月3日は開館、同6日は休館)。入場料は一般・大学生500円、高校生300円、小中学生無料。問い合わせは同博物館電話045(661)2040。

【】

社会に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング