1. ホーム
  2. ニュース
  3. 社会
  4. 街路樹大枝折れ車両2台が損傷 中区の市道

街路樹大枝折れ車両2台が損傷 中区の市道

社会 | 神奈川新聞 | 2017年5月23日(火) 02:00

折れて車道をふさいだ街路樹のケヤキ=横浜市中区(中土木事務所提供)
折れて車道をふさいだ街路樹のケヤキ=横浜市中区(中土木事務所提供)

 横浜市中土木事務所は22日、中区山下町の市道(大さん橋通り)の街路樹の大枝が折れ、通行車両2台を損傷する事故が発生した、と発表した。

 同事務所によると、同日午前10時5分ごろ、歩道の高さ約10メートルのケヤキの大枝が地上約3メートルの地点から突然折れ、通行していた乗用車のフロントガラスにひびが入ったほか、ボンネットがへこんだ。タクシー1台の車体にも軽微な損傷を与えたとみて調査している。通行人にけがはなかったが、乗用車を運転していた女性が目に違和感を訴えているという。

 同事務所が原因を調査中だが、2014年度の樹木医による診断では異常はなかったという。この事故で、全4車線のうち3車線が1時間50分にわたり通行止めとなった。

街路樹に関するその他のニュース

社会に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング