1. ホーム
  2. ニュース
  3. 社会
  4. 元プロ選手が高校野球監督に就任、門出の春を迎えた川俣さん/藤沢

元プロ選手が高校野球監督に就任、門出の春を迎えた川俣さん/藤沢

社会 | 神奈川新聞 | 2010年4月2日(金) 16:30

元プロ野球選手の川俣新監督=藤沢市の藤沢翔陵高グラウンド
元プロ野球選手の川俣新監督=藤沢市の藤沢翔陵高グラウンド

かつてロッテ、阪神に所属した元プロ野球選手の川俣浩明さん(37)=藤沢翔陵高教諭=が1日、同校の野球部監督に就任した。元プロ野球選手(日本野球機構所属)が高校野球の指導者となるのは県内で初めて。華やかなプロの世界を引退後、夜間大学に通うなどして教員免許を取得した川俣さん。苦労の時を経て、新たな門出の春を迎えた。

春のつむじ風が土煙を巻き上げる。指導者初日を迎えた川俣新監督は、時折顔を伏せながらも、目の前のグラウンドの景色をまぶたに焼き付けた。

元プロ野球選手にとって、高校野球で指導者となるのは険しい道のりだ。日本学生野球協会が定める規約では、高校の教員として2年以上在籍しなければ指導者資格を得られず、さらに同協会の審査を経て承認される。

川俣監督は、藤沢商高(現・藤沢翔陵高)で投手として活躍し、大阪ガスを経て1997年にロッテに入団。その後、阪神に移籍し、2002年に引退した。引退後は建築関係の営業職に就いたが、思うようにいかず仕事に行き詰まっていたころで、母校から監督候補として誘われた。

指導者になるとは、当時は考えてもいなかった。だが「自分はエリート選手ではない。これまで支えてくれた多くの人に感謝したい」と、新たな道を決めた。まずは事務職員として働き、教員免許取得のために4年間、勤務後に大学へ通った。「正直、放り出したいと思うこともあった」

社会科教諭となって教壇に立つようになったが、さらに2年間は野球部とかかわれない日々が続いた。教室の窓から部員の姿を眺めては、「(近寄ることもできず)窮屈だなと思ったこともあった」。しかし指導者への情熱は途切れず、練習メニュー一つ一つの改善点を客観的に考え、グラウンドに立つ日を待った。

新年度が始まったこの日。学校はまだ春休み中で選手は自主練習だったが、「川俣さんの初日ですから」と、20人以上が集まった。彼らに自分の経験から伝えたいことは、「支えてきてくれたすべての人への感謝と、一生懸命やれば必ずチャンスは巡ってくる」という二つだ。

10年ぶりに握ったというノックバット。「初日から飛ばし過ぎですかね」。新米監督は力が入り過ぎ、左小指の皮がめくれた。

「プロとアマの関係がいい方向に向かうように自分も頑張りたい」。37歳には、先駆者としての自覚もある。新たな船出は、希望に満ちていた。

◆川俣 浩明(かわまた・ひろあき)

1997年ドラフト3位でロッテ入団。2001年オフに自由契約となり、入団テストを経て阪神に移籍。阪神では1軍登板機会がなく、02年に引退。プロ通算29試合0勝0敗、防御率5・68。右投げ。

【】

新米に関するその他のニュース

社会に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング