1. ホーム
  2. ニュース
  3. 社会
  4. さわやか介護セミナー講演会、学生や主婦が介護の魅力や在り方を語る/横須賀

さわやか介護セミナー講演会、学生や主婦が介護の魅力や在り方を語る/横須賀

社会 | 神奈川新聞 | 2010年3月27日(土) 19:47

高齢社会が進む中で、介護の理解を深めることなどを目指した「スミセイさわやか介護セミナー」のパネルディスカッションと講演会が27日、横須賀市平成町の県立保健福祉大学で開かれ、約300人が参加した。住友生命社会福祉事業団と神奈川新聞社の主催。

パネルディスカッションでは、生徒の福祉体験などを積極的に行っている市立田浦中の河野和代教諭と、ともに県立保健福祉大3年で介護を学んでいる宇野菜都美さんと階明里さん、家庭内での介護経験を持つ主婦の宮森育子さんら7人のパネリストが、それぞれの立場から介護の在り方などを話した。

高齢者施設で実習を行った宇野さんと階さんは、「お年寄りから励まされることや学ぶことがたくさんあった」と振り返り、「介護の仕事は人の温かみを感じられる魅力的な仕事」と呼び掛けた。宮森さんは「もっと多くの若者が介護に関心を持ち、地域全体で支え合える社会を実現できたら」と話していた。

パネルディスカッション後は、ジャーナリストの鳥越俊太郎さんが「70歳からの人生は本番だ」と題し講演を行った。

【】

県立保健福祉大に関するその他のニュース

社会に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング