1. ホーム
  2. ニュース
  3. 社会
  4. 強風の影響で25人が重軽傷、交通機関にも乱れ/神奈川県内

強風の影響で25人が重軽傷、交通機関にも乱れ/神奈川県内

社会 | 神奈川新聞 | 2010年3月21日(日) 22:37

県内全域で強風が吹き荒れ、20、21日両日で計25人が転倒するなどして負傷した。屋根の破損などの住宅被害も発生したほか、交通機関にも影響が出た。

横浜地方気象台によると、三浦市で21日午前6時55分ごろ、最大瞬間風速28・4メートルを記録。海老名や横浜でも未明から早朝にかけて、25メートル以上を観測した。

県などによると、相模原市津久井町では21日午前4時ごろ、住宅の屋根でビニールシートをかけ直していた板金業の男性(59)が、強風にあおられ約3・5メートル下に転落、胸の骨を折る重傷を負った。そのほか藤沢や厚木市、湯河原町で計5人が転倒などにより入院が必要なけがをしたほか、軽傷も19人に上った。

JR相模線は、21日午前6時ごろ海老名~入谷駅間で、路線沿いの木が線路上に倒れ、約2時間にわたって運転を見合わせた。道路も、東京湾アクアラインで21日午前8時50分までの約13時間、通行止めの措置がとられた。久里浜(横須賀市)と金谷(千葉県)を結ぶ東京湾フェリーは同日、終日欠航した。

【】

JR相模線に関するその他のニュース

社会に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング