1. ホーム
  2. ニュース
  3. 社会
  4. ことしも「土肥祭」開催へ、盛大な武者パレードも/湯河原

ことしも「土肥祭」開催へ、盛大な武者パレードも/湯河原

社会 | 神奈川新聞 | 2010年3月15日(月) 21:54

源頼朝の功臣として鎌倉幕府の旗揚げに尽力した湯河原の武将・土肥(どい)次郎(じろう)実平(さねひら)をしのぶ「土肥祭」が4月4日、湯河原町内で開かれる。主催する郷土史研究グループ「土肥会」はことしで創立80周年を迎え、盛大な武者パレードを披露する。

平家一門でありながら反旗を翻した実平は1180年、一族を挙げて石橋山(小田原市)の合戦に出陣した。この史実にちなみ、甲冑(かっちゅう)をまとった約100人が、隊列を組んで時代絵巻を繰り広げる。

実平と頼朝のほか、土肥一族ら33人の武将(北条政子、実平の妻含む)役を中心に、五所神社(同町宮下)で名乗りを上げて“出陣”。約20人の「子ども侍」も加わり、実平の銅像が立つJR湯河原駅までの約800メートルを練り歩く。

ことしは合戦から830年。実平と頼朝役がまたがる馬と女性を乗せる御所車も登場する。32人の武将役は白旗を掲げるが、平家方でありながら頼朝を助けた梶原(かじわらの)平三(へいぞう)景時(かげとき)役だけは赤旗を持つなど、細部にも工夫を凝らす。

同駅前にあったとされる土肥家の屋敷が平家に燃やされて実平が踊った「焼亡(じょうもう)の舞」が披露され、パレードは締めくくられる。同会は「鎌倉武士の理念『一所懸命』を胸に、創立80周年を祝うにぎやかなパレードにしたい」と話している。

午前10時~午後2時。問い合わせは、同会電話0465(62)4010。

【】

社会に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング