1. ホーム
  2. ニュース
  3. 社会
  4. 桜の里づくりを目指し、おおね公園周辺で植樹/秦野

桜の里づくりを目指し、おおね公園周辺で植樹/秦野

社会 | 神奈川新聞 | 2010年3月7日(日) 21:46

桜の里づくりを目指し秦野市内では各所で市民による桜の植樹が行われているが、市内鶴巻の市立おおね公園周辺で7日、思川桜と八重桜の合わせて121本の植樹が行われた。今年市内では5回目の植樹が実施されたことになり、おかめ桜やソメイヨシノなど合わせて5種類約500本が植えられた。

同公園には事前に申し込んだ市民が訪れ、公園内や大根川周辺の添え木が立てられた場所にスコップを使い植えていった。苗木には、植えた人の氏名とともに誕生祝い、入学祝いなどを記したステンレス製プレート(縦16センチ、横9センチ)が付けられた。

あいにくの冷たい雨が降る天気だったが、同市南矢名から訪れた主婦(55)は、昨年も2歳の孫の成長を願い水無川沿いの植樹に参加、今回は昨年9月に誕生した孫の記念にと応募。「健康で元気に育ってほしいとの願いで植えました」と話していた。

同市では、桜の里づくりを目指して、市民から寄付を募っての植樹や、賛同した市民グループによる植樹が実施されている。今回も市民から1口1万円の寄付を受けたが、受け付けから1時間半で定員に達するほどの人気だった。

【】

桜に関するその他のニュース

社会に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング