1. ホーム
  2. ニュース
  3. 社会
  4. 早咲きの桜を訪ね歩き、市民の散策会開催/鎌倉

早咲きの桜を訪ね歩き、市民の散策会開催/鎌倉

社会 | 神奈川新聞 | 2010年2月26日(金) 20:58

満開となった早咲きの玉縄桜
満開となった早咲きの玉縄桜

早咲きの「玉縄桜」を見学する散策会が26日、鎌倉市の玉縄地区で開かれた。市民団体「玉縄桜をひろめる会」(増田行治代表)が4年前から開いているもので、参加した約100人が地区内の桜を訪ね歩いた。

玉縄桜は、ソメイヨシノと早咲きの桜の自然交雑と推定され、県立フラワーセンター大船植物園に原木がある。色、形ともソメイヨシノにそっくりだが、開花は2月上旬ごろと早く、1カ月ほど咲き続ける。

玉縄桜を普及させるため、同会は苗木の植樹を実践。散策会も、玉縄桜をより多くの人に知ってもらおうと、開花の時期に合わせて取り組んでいる。

この日は、大船植物園を起点に、市立玉縄中学校、同植木小学校、同玉縄小学校を順番に巡り歩いた。あいにくの空模様だったが、玉縄桜はほぼ満開で、参加者は一足早い春を楽しんでいた。

【】

桜に関するその他のニュース

社会に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング