1. ホーム
  2. ニュース
  3. 社会
  4. 精神障害者の「自立」のあり方考える、旭区でセミナー開催へ/横浜

精神障害者の「自立」のあり方考える、旭区でセミナー開催へ/横浜

社会 | 神奈川新聞 | 2010年2月24日(水) 21:58

「精神障害者の自立」をテーマとしたセミナーが25日、横浜市旭区鶴ケ峰1丁目の旭公会堂で開かれる。精神障害者やその家族などさまざまな立場から「自立」のあり方を考える。

NPO法人「共に歩む市民の会」と同区の主催で、入場無料。午前10時半~午後3時。

午前の部で、統合失調症やアルコール依存症の当事者とその家族の体験談の発表があり、日本精神保健福祉士協会の副会長を務める伊東秀幸田園調布学園大教授が「自立とは何か」と題して講演する。

午後は伊東教授をコーディネーターに、障害者の家族会メンバーらがパネルディスカッションを行う。来場者アンケートのほか、地域作業所による手作り作品の展示販売が行われ、相談コーナーも設けられる。

定員は450人。問い合わせは同区高齢・障害支援課電話045(954)6145。

【】

アルコール依存症に関するその他のニュース

社会に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング