1. ホーム
  2. ニュース
  3. 社会
  4. 関東大震災を振り返るシンポジウム開催/横浜

関東大震災を振り返るシンポジウム開催/横浜

社会 | 神奈川新聞 | 2010年2月13日(土) 22:52

残された資料から関東大震災の被災状況が報告されたシンポジウム=横浜市中央図書館
残された資料から関東大震災の被災状況が報告されたシンポジウム=横浜市中央図書館

関東大震災を記録から振り返るシンポジウム「横浜・関東大震災の記憶」が13日、横浜市西区の市中央図書館で開かれた。東海地震などの発生が予想される中、残された資料から横浜の被災状況を専門家が報告し、大震災の実態を継承する大切さを訴えた。

横浜市立大学の今井清一名誉教授が横浜の被災実態について基調講演。市内の死者約2万3千人のうち伊勢佐木、加賀町両署管内が8割以上を占めたとする資料を紹介し「軍部が治安維持を重視したため、関西の救援船が到着しても上陸できず食糧配給が遅れた」と、対応のまずさを指摘した。

横浜にあった映画会社が被災直後に撮影した記録映画も上映された。倒壊は免れたものの焼損した県庁や市役所、壊滅した外国人墓地などがスクリーンに映し出された。

同図書館では、震災当時、現在の同市中区弁天通で写真館を経営していた写真家の写真展示会が3月28日まで開かれている。午前9時半~午後5時。入場自由。

【】

社会に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング