1. ホーム
  2. ニュース
  3. 社会
  4. 死体遺棄で起訴の男、覚せい剤やコカインなど所持容疑で再逮捕/神奈川県警

死体遺棄で起訴の男、覚せい剤やコカインなど所持容疑で再逮捕/神奈川県警

社会 | 神奈川新聞 | 2010年2月12日(金) 20:29

県警暴力団対策課と川崎署は12日、覚せい剤取締法違反(所持)と麻薬取締法違反(同)の疑いで、川崎市川崎区渡田向町、飲食店経営の容疑者(47)を再逮捕した。

逮捕容疑は、1月14日から16日にかけて自宅や経営する飲食店などで、覚せい剤やコカイン、ケタミンなどが入ったポリ袋各1~2袋やストローを所持していた、としている。

同容疑者は、川崎市内で会社社長の男性の遺体を切断するなどしたとして、死体損壊・同遺棄罪などで起訴されている。関係先の家宅捜索で覚せい剤などが見つかった。

【】

麻薬取締法に関するその他のニュース

社会に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング