1. ホーム
  2. ニュース
  3. 社会
  4. おいしい水を次世代に、市水道局が水源エコプロジェクト協定締結へ/横浜

おいしい水を次世代に、市水道局が水源エコプロジェクト協定締結へ/横浜

社会 | 神奈川新聞 | 2010年2月10日(水) 11:38

水源の森づくりを進め、横浜のおいしい水を次世代へ継承しようと、県宅地建物取引業協会(和気猛仁会長)と横浜市水道局は12日、水源エコプロジェクト(W‐eco.p=ウィコップ)協定を結ぶ。

協定に基づき同協会は山梨県道志村の市所有の水源林整備を援助、水道局と共同で3年間で約3・5ヘクタールを整備。対象の水源林に同協会の名称を設定するほか、水源林保護のPR活動にも参画する。

同プロジェクトは、同局が同村に所有する水源林を企業、団体からの寄付によって守り整備するための仕組み。山梨県、道志村、横浜市で構成し2008年にスタートした「地球温暖化対策に関する合同研究会」活動の一環。

同局はこれまでに京急百貨店、ブリヂストンと協定を締結、公益法人は今回が初めて。

【】

水源林に関するその他のニュース

社会に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング