1. ホーム
  2. ニュース
  3. 社会
  4. 横浜事件の刑事補償、元被告3人への決定が確定

横浜事件の刑事補償、元被告3人への決定が確定

社会 | 神奈川新聞 | 2010年2月9日(火) 23:23

刑事補償決定で事実上の無罪認定が出た横浜事件で、元被告3人への決定が9日、確定した。請求人だった遺族らから、横浜地裁(大島隆明裁判長)に対して、8日までに即時抗告がなかった。

確定したのは、小野康人さん、小林英三郎さん、木村亨さん(いずれも故人)―の3人への補償。弁護団は刑事補償法に基づく決定公示を求める方針で、確定を受けて、官報や指定を受けた新聞で決定内容が示される。弁護団によると、ほか2遺族の決定は郵送されており、確定まで数日かかる。決定は補償金の満額の支払いを認め、理由として無罪判断を示しているため、残る2遺族も抗告せずに確定される見通しという。

横浜事件は1942年から終戦にかけ、雑誌編集者ら60人以上が共産主義活動をしたとして、県警察部特高課(当時)に治安維持法違反容疑で逮捕された事件。横浜市内の警察署で取り調べられたことから「横浜事件」と呼ばれる。

30人以上に有罪判決が言い渡されたが、再審で免訴判決を受け、今月4日の刑事補償決定は「実体判断が可能ならば被告は無罪だったことは明らか」などと認定した。

【】

横浜事件に関するその他のニュース

社会に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング