1. ホーム
  2. ニュース
  3. 社会
  4. 「写真箱」元社長に有罪 児童ポルノ陳列主導認定

横浜地裁判決
「写真箱」元社長に有罪 児童ポルノ陳列主導認定

社会 | 神奈川新聞 | 2017年5月17日(水) 02:00

横浜地裁
横浜地裁

 スマートフォンの画像共有アプリ「写真箱」に投稿された児童ポルノの画像や動画を公開したとして、児童買春・ポルノ禁止法違反(公然陳列)とわいせつ電磁的記録媒体陳列などの罪に問われたアプリ運営会社の元社長の被告(56)=東京都大田区=に対し、横浜地裁は16日、懲役2年6月、執行猶予4年、罰金400万円(求刑懲役4年、罰金500万円)の判決を言い渡した。

 公判で被告は無罪を主張していたが、近藤宏子裁判官は判決理由で、収益を上げるため被告が児童ポルノなどを写真箱で扱うことを容認していたと指摘。投稿やダウンロード件数を増やすよう従業員に指示を出していたことから、「主導者として重要な役割を果たした」と認定した。

 その上で

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら

児童ポルノに関するその他のニュース

社会に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング