1. ホーム
  2. ニュース
  3. 社会
  4. 登山シーズンに幕、「山の交番」の閉所式/秦野

登山シーズンに幕、「山の交番」の閉所式/秦野

社会 | 神奈川新聞 | 2009年12月10日(木) 22:13

「山の交番」閉所式で秦野署山岳救助隊員と握手し労をねぎらう小清水署長
「山の交番」閉所式で秦野署山岳救助隊員と握手し労をねぎらう小清水署長

「山の交番」として、登山者の安全を見守ってきた秦野署丹沢臨時警備派出所の閉所式が10日、秦野市戸川の同派出所前で行われた。小清水芳則署長や同署山岳救助隊、市丹沢遭難対策協議会関係者ら約60人が参加、今後も事故防止のため協力していくことを確認し合った。

小清水署長は「4月の開所から警察や市消防、民間救助隊など209人が従事し、遭難者の無事救出に勤めた。閉所するが、いつ救助要請があるか分からず、活動には協力が不可欠。一層の支援を」と呼び掛けた。

来賓の高橋生志雄副市長は「8か月間、安全指導、救助活動を行い感謝している」と述べた。最後に小澤晴孝山岳救助隊長が小清水署長にピッケルを返還、4月14日からの登山シーズンの幕を閉じた。

同署によると、今年1月から11月末までの管内の登山者数は約10万8千人。遭難事故は19件(昨年同期比2件減)で重軽傷者は13人。出動人員は延べ182人、県警ヘリコプターの出動は延べ12回に上った。

【】

社会に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング