1. ホーム
  2. ニュース
  3. 社会
  4. 終わらぬ道(上)「二度と来られない」

坂本弁護士一家殺害 23年目の慰霊
終わらぬ道(上)「二度と来られない」

社会 | 神奈川新聞 | 2016年9月10日(土) 16:07

坂本弁護士一家の慰霊碑を見つめる(左から)岡田弁護士、さちよさん、影山弁護士=2011年9月11日、長野県大町市
坂本弁護士一家の慰霊碑を見つめる(左から)岡田弁護士、さちよさん、影山弁護士=2011年9月11日、長野県大町市

 初秋の山あいにトンボが舞っていた。

 長野県大町市の高瀬渓谷緑地公園。2011年9月11日朝。車から降りた坂本さちよさん(79)はゆっくりと歩を進めた。視線の先、陽光に照らされた木々の中に、坂本堤弁護士一家の慰霊碑はあった。

 碑の前に立つ決意をするまでに、16年の歳月が流れていた。「これまで本当に多くの方にお世話になり、今もまたたくさんの方が息子一家を思い出し、親しんでくれている。けじめとして、お礼をちゃんとしたいと思っていました。それが、生きている者の義務なのだと思いました」

 事件発生から、23年目を迎えようとしていた。

■ ■ ■

 1989年11月、坂本堤弁護士、妻都子さん、長男龍彦ちゃんが自宅アパートで、オウムの教団幹部6人の実行犯に殺害され、約6年後の95年9月、新潟、富山、長野の山中などで遺体で発見された。

 16年前に抱いた感情が、碑を前に再び込み上げる。「なぜ、せめて同じところに埋めてくれなかったのか。怒りと、つらさと…。とても耐えられなかった」。遺体発見から2カ月後の95年11月。さちよさんは、堤さんと同僚だった弁護士2人と共に3人が埋められた現場を、一度訪れている。

 新潟の林道は雪深かった。地元の人も立ち入らない山奥に続く道は通行止めになっていた。新潟県警の先導で、四輪駆動車に揺られた。現場の手前で車は止まった。迷わず車を降り、雪をかき分けた。

 目に飛びこんできたのは、発見現場を示す、木製の碑だった。息子と、妻と、幼い孫は隔離され、人けのない山奥に6年間も埋められていた。「なんで、なんで、こんなところに…」。言葉にならなかった。ただ、ひたすら「もう二度と、ここには来られない」。そう思った。

 さちよさんに同行した岡田尚弁護士(66)は、当時の思いをつづっている。

 この日まで
 祈り続けた
 母に寄せ
 ナナカマドの実
 あくまで赤く
 踏みしめる
 北国の雪
 その下で
 君はいたのか
 どんな想いで


 白銀に覆われた現場に、真っ赤な実がついていた。「『生きていてくれ』と思い続けた母の気持ちを表しているようだった」

■ ■ ■

 息子一家の命が奪われてから今日までの日々を、さちよさんは振り返る。「慰霊に行かなかったんじゃない。行けなかったんです。つらくて、悲しくて、やりきれなくて。憤怒と憎しみの中にあり、気持ちのやりようもなく、それでも頭の中でこらえて、こらえて生きてきた」。埋められていた場所に、魂があるとは思っていない。

 「でも、私も年を取りました。つらいという自分の気持ちだけでいてはいけないと思ったんです。命あるうちに、礼を尽くさないといけない」

 龍彦ちゃんが遺棄された現場から南方約4キロにある高瀬渓谷緑地公園の慰霊碑には、肩を寄せ合う一家のレリーフが刻まれていた。

◇ ◇ ◇

 9月中旬、坂本弁護士一家が発見された新潟、富山、長野の3県に、堤さんの母さちよさんが慰霊に訪れた。「二度と来られない」と思った場所。11月の二十三回忌を前に、さちよさんは静かに語り始めた。時を経ても、事件と向き合い続ける被害者遺族の心の内を見詰める。


高瀬渓谷緑地公園にある坂本弁護士一家の慰霊碑。石碑の上には3人が肩を寄せ合うように大きさの違う三つの円形モニュメントが並んでいた
高瀬渓谷緑地公園にある坂本弁護士一家の慰霊碑。石碑の上には3人が肩を寄せ合うように大きさの違う三つの円形モニュメントが並んでいた

オウム真理教(アレフ、アーレフ、Aleph)に関するその他のニュース

社会に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング