1. ホーム
  2. ニュース
  3. 社会
  4. 消防と自衛隊が山火事を想定した訓練/相模原

消防と自衛隊が山火事を想定した訓練/相模原

社会 | 神奈川新聞 | 2009年10月20日(火) 20:18

山の中腹に放水するヘリコプターを見守る相模原市消防局職員
山の中腹に放水するヘリコプターを見守る相模原市消防局職員

山火事を想定した訓練が19日、相模原市津久井町青山の宮ケ瀬湖畔で行われた。相模原市消防局が、市単独の訓練では初めて陸上自衛隊のヘリコプターと協力し、消火活動の流れを確認した。

訓練は、宮ケ瀬湖近くの南山(544メートル)の中腹で、山火事が起きたという想定。通報を受けて消防隊が現場近くに現地指揮本部を設置。消防からの要請を受けて陸上自衛隊のヘリコプターが出動し、ヘリコプターはつり下げた大袋に宮ケ瀬湖から約5トン取水して、想定の火元に放水した。

消防と自衛隊では無線が違うため、現地指揮本部などで両者が連絡を取り合い、ヘリコプターに指示を出していた。

【】

社会に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング