1. ホーム
  2. ニュース
  3. 社会
  4. プロ、アマ写真の入賞作150点/相模原で企画展

プロ、アマ写真の入賞作150点/相模原で企画展

社会 | 神奈川新聞 | 2009年10月13日(火) 10:23

疾走する子どもを写したアマチュアの部の金賞作品などが並ぶ会場=相模原市民ギャラリー
疾走する子どもを写したアマチュアの部の金賞作品などが並ぶ会場=相模原市民ギャラリー

プロとアマチュアの写真家が集う相模原市総合写真祭「フォトシティさがみはら2009」の入賞作を集めた企画展が26日まで、相模原市民ギャラリー(相模原市相模原)で開催されている。入場無料。

写真祭は、写真を相模原の新たな文化として発信しようと2001年から毎年開催されている。

企画展には、プロとアマチュアの約150点を展示。天皇陵墓と周囲の自然を撮影した伊奈英次さんの作品(プロの部さがみはら写真賞)などが並ぶ。18日午後1時からアマチュアの部の作品講評会と、受賞者と審査員による座談会が行われる。

企画展は午前10時~午後7時で、水曜休館。問い合わせは、相模原市文化国際課電話042(769)8202=平日のみ。

【】

社会に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング