1. ホーム
  2. ニュース
  3. 社会
  4. 相模原市総合写真祭の入賞作あつめ企画展/相模原

相模原市総合写真祭の入賞作あつめ企画展/相模原

社会 | 神奈川新聞 | 2009年10月9日(金) 17:34

プロとアマチュアの写真家が集う相模原市総合写真祭「フォトシティさがみはら2009」の入賞作を集めた企画展が26日まで、相模原市民ギャラリー(相模原市相模原)で開催されている。10日は、杜(もり)のホールはしもと多目的室(同市橋本)で、記念シンポジウムが行われる。いずれも入場無料。

写真祭は、写真を相模原の新たな文化として発信しようと2001年から毎年開催されている。

企画展には、プロとアマチュアの約150点が展示。天皇陵墓(りょうぼ)と周囲の自然を撮影した伊奈英次さんの作品=プロの部さがみはら写真賞=などが並ぶ。18日午後1時からアマチュアの部の作品講評会と、受賞者と審査員による座談会が行われる。

10日午後2時から開催のシンポジウムには、伊奈さんのほか、朝日新聞社の写真記者として活躍したフォトジャーナリスト徳山喜雄さんや、国内の有名写真賞を受賞した写真家の伊奈さんが登場。「写真の未来と可能性」をテーマに話し合う。

企画展は午前10時~午後7時で、水曜休館。問い合わせは、相模原市文化国際課電話042(769)8202(平日のみ)。

【】

社会に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング