1. ホーム
  2. ニュース
  3. 社会
  4. 違法掲示された屋外広告物を除去/鎌倉

違法掲示された屋外広告物を除去/鎌倉

社会 | 神奈川新聞 | 2009年8月20日(木) 00:00

良好な都市景観を守ろうと、違法掲示された屋外広告物を除去するキャンペーンが20日、鎌倉市の中心部で行われた。市の職員らが商店街をパトロールし、路上に置かれた看板や商品棚を移動するよう店員らに指導した。

9月10日の「屋外広告の日」を前に、市の呼び掛けで実施。官民13機関の約30人が参加し、二手に分かれて商店が立ち並ぶ若宮大路や小町通りを巡回した。

県条例では、広告物の設置には許可が必要なことを定めているほか、規模や場所で制限も設けている。

市によると、この数年の活動の成果で電柱や街路樹にチラシを張り付ける形での掲示は少なくなったが、店舗前の路上に立て看板や商品棚を並べる違反は依然として目立つという。

参加したパトロール員は、商店を一軒一軒回っては路上に出ている広告物を敷地内に引っ込めるよう指導したほか、チラシを配って啓発活動に努めていた。

【】

街路樹に関するその他のニュース

社会に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング