1. ホーム
  2. ニュース
  3. 社会
  4. 「光るキノコ」の発光が見ごろ/箱根湿生花園

「光るキノコ」の発光が見ごろ/箱根湿生花園

社会 | 神奈川新聞 | 2009年8月7日(金) 00:00

光るキノコとして知られるヤコウタケが、箱根湿生花園(箱根町仙石原)で展示されている。発光は見ごろを迎え、物珍しそうに見入る観光客でにぎわっている。11月ごろまで展示される予定だ。

発光キノコは、八丈島などの温暖で雨の多い地域に自生する。とりわけヤコウタケは発光力が強く、10本集めると新聞が読めるほどの明るさを放つという。

明るい場所では白色だが、暗闇では緑色の光りを帯びる。キノコの持つ発光素と酵素の化学反応が発光の仕組みだ。同園が八丈島から菌糸を取り寄せて育てた、500円玉大ほどのかさを持つヤコウタケ5~10本が展示されている。

午前9時~午後5時。入園料は中学生以上700円(小学生以下400円)。問い合わせは、同園電話0460(84)7293。

【】

箱根湿生花園に関するその他のニュース

社会に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング