1. ホーム
  2. ニュース
  3. 社会
  4. パラリンピックメダリスト招いて講演会/松田

パラリンピックメダリスト招いて講演会/松田

社会 | 神奈川新聞 | 2009年8月1日(土) 00:00

パラリンピック競泳メダリスト河合純一さん(34)=静岡県浜松市=を招いた講演会「夢追いかけて」が1日、松田町民文化センター(同町松田惣領)で開かれた。町立4小中学校の児童・生徒約650人に「誰よりも速く泳ぎたいという気持ちがメダルにつながった」と努力と目標の大切さを伝えた。

町制100周年記念事業の一環。河合さんが島村俊介町長の大学の後輩に当たることから、講演が実現した。

河合さんは、バルセロナ大会(1992年)から5大会連続でパラリンピックに出場。アテネ大会(2004年)の50メートル自由形で優勝するなど、これまで金5、銀10、銅6枚のメダルを獲得している。

先天的な障害で、中学3年のとき全盲となった。真っすぐ泳げず、距離感がつかめなくなったが、手の甲をコースロープに当て、水をかく回数を数えることで克服。毎日の練習は1万メートルに及んだ。

夢が生きるエネルギーになったという河合さんは「苦しい道にも立ち向かう勇気を持ってください」と呼び掛けた。

【】

社会に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング