1. ホーム
  2. ニュース
  3. 社会
  4. 労働時間の短縮など訴え 県・横浜メーデー

労働時間の短縮など訴え 県・横浜メーデー

社会 | 神奈川新聞 | 2017年5月2日(火) 02:00

デモ行進する参加者ら=横浜市神奈川区
デモ行進する参加者ら=横浜市神奈川区

 全労連系の「第88回県・横浜メーデー」が1日、横浜市神奈川区の沢渡中央公園で開かれた。加盟労組から約2500人(主催者発表)が参加し、労働時間の短縮をはじめ労働者の生活と権利を守ることなどを訴えるメーデー宣言を採択した。

 主催者あいさつで県労連の議長は、政府が「働き方改革」実行計画で残業時間の上限を月100時間未満としたことに触れ、「形式上で労使合意した残業の規制は、ヤマト運輸など長時間労働、不払いの実態を救うものではない。過労死に至る残業に法律のお墨付きを与えるもので認められない」と訴えた。

 共産党の畑野君枝衆院議員(比例南関東)は、「共謀罪」の趣旨を盛り込んだ組織犯罪処罰法改正案について「憲法が保障する思想・良心の自由を踏みにじる法案。廃止に向けて頑張りたい」と話した。

 式典後、参加者は「憲法守れ」「ブラック企業をなくしていこう」などとコールを繰り返してデモ行進した。

メーデーに関するその他のニュース

社会に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング