1. ホーム
  2. ニュース
  3. 社会
  4. 「中華鍋で更正を」刑務所に製品製造を依頼の社長に感謝状/横浜

「中華鍋で更正を」刑務所に製品製造を依頼の社長に感謝状/横浜

社会 | 神奈川新聞 | 2009年7月15日(水) 00:00

中華鍋で更正をー。

長年にわたり刑務所の矯正事業に協力したとして、横浜市金沢区の中華鍋製造会社「山田工業所」の山田豊明社長(62)に15日、横浜刑務所(同市港南区)から森英介法相名の感謝状が贈られた。

同社は1979年から横浜刑務所に中華鍋の製造の一部を依頼しており、受刑者の作業技能向上などに貢献してきた。同刑務所の受刑者の手で作られた中華鍋は、横浜・中華街をはじめ全国で販売されているという。

感謝状を手渡した同刑務所の古塚博久所長は「受刑者にとって、社会復帰後も役立つ作業を提供してもらい感謝している」とたたえた。山田さんは「先代の社長である父から社会貢献しろと教えられてきたので、今まで続けてこられた」と話した。

【】

横浜刑務所に関するその他のニュース

社会に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング